アンチエイジングの基礎知識

肌の若返り(アンチエイジング)を意識し始める年齢は?

女性なら誰でも
『いつまでも若く見られたい!!』
『年齢より若く見られたい!!』
『肌がきれいでいたい!!』
ですよねー。


現に、女性が言われて嬉しい褒められ言葉の上位も、容姿を褒められた時のことがほとんど。


でも、肌の手入れをせずいつまでも ""ピチピチ!! ぷるん♪♪"" とした肌でいられるのも若いうちだけ・・・
人は皆誰でも歳をとり、肌も年齢と共に ""シワシワ・だるん・・・"" っとハリのない肌になってしまうもの。
そんな時、多くの人が思うことは「若返りたい!! 若くいたい!!」。


若返りたい!若くいたい!っと、化粧品や美容系商品を探してみるとよく、
アンチエイジング・エイジングケアという言葉を目にした事があると思います。


アンチエイジング・エイジングケアとは共に、老化していく
肌の原因を抑制し、老化を予防・改善するということ。
簡単に言ってしまうと""若返り""。


でも、そんなアンチエイジング(若返り)を実際 始める・意識し始める年齢は何歳くらいからなのか知っていますか??


答えはズバリ!!  「20代後半、25歳を過ぎた頃から」


20代後半、25歳を過ぎた頃と言えば・・・良く聞く言葉で
『25歳を過ぎたら お肌の曲がり角』
という言葉があります。
まさにその言葉通り、多くの女性は20代後半頃からアンチエイジングを意識して始めているよう。


でも、アンチエイジングを意識し始める25歳頃の肌って、何が変わってくるのでしょうかねー。


25歳頃の肌と言えば・・・


自分のその頃を思い出してみると、
シミや毛穴の開きといった肌老化の初症状は少しあったかも σ(o´・Å・`o)??


実際に25歳を過ぎた女性へのアンケートでも、シミ・毛穴の開き以外に、
小ジワやたるみが気になり出したといった肌老化を実感し始める人が多いよう。


そして、一番アンチエイジングを始めなきゃ!!っと意識させるのが、肌の乾燥のよう。
肌の潤いは20歳をピークに少しずつ減少しています。


乾燥以外の症状を自覚する25歳ころだと、潤いを保つ力が既に弱くなっていることから、
洗顔後の化粧水を塗ってもすぐに肌が吸い込んでしまう・・・
洗顔後は肌がつっぱってヒリヒリ痛い・・・
っといった自覚症状が出やすいもの。


自覚症状が出てくることで、肌老化を気にしてエイジングケアを始める・始めた
っと肌乾燥をきっかけにエイジングケアをしている人が多いのはこのため。


もちろん肌の状態には個人差があるので25歳になったら皆エイジングケアを始めましょう!!
というわけではありませんが、ある程度25歳という年齢を意識して、エイジングケアを始めるきっかけにしてもいいですね。





>>エイジングケア化粧品のソムリエ TOPページへ戻る

アンチエイジングの基礎知識

 

年代別エイジングケア

 

悩み別エイジングケア

 

アンチエイジングコラム