悩み別エイジングケア

♪ぷるるん♪弾力・ハリのある肌になるには

誰もが思わず触ってみたくなる肌ってどんな肌だと思いますか?
それはもちろん『ゼリーのようにプルプルした弾力・ハリのある肌』
ですよねー ルン(*'∪'*)ルン♪ルン(*'∪'*)ルン♪


そして多くの女性がなりたい肌・憧れる肌も
触った瞬間♪ぷるるん♪っと音がしそうな位、弾力のあるモチモチ肌 ヽ(*´v`*)ノ


子供の頃は、誰もがみんな思わず触ってみたくなる程ハリのある肌だったのに・・・( ノω-、)クスン
なんでー "ρ(тωт`) 
今はこんなにたるんでしまってるの・・・ 。:゚(。ノω\。)゚・。 ウワァーン


子供の頃のような、弾力あるハリ肌を目指して今から何かできることはないのでしょうかね。
♪ぷるるん♪弾力・ハリのある肌を取り戻すべく、できることを探してみたいと思います ✧*。٩(ˊᗜˋ*)و✧*


まずは、肌の弾力やハリがなくなる原因について。


肌の弾力やハリは、皮膚下の「真皮」と呼ばれる部分が大きく関係しており、
真皮部分には、美容成分としてよく聞く「コラーゲン」が「エラスチン」という物質によって繋げられ、
繋げられることで網目状となって存在します。
そんな網目状となった「コラーゲン・エラスチン」の間を埋め、潤いを与えているのが「ヒアルロン酸」


赤ちゃんや子供の弾力・ハリのある肌は、このヒアルロン酸がふんだんに含まれているから。
ですが、ヒアルロン酸は年齢とともに減少。 ⊂(((´•ω•`)))⊃
ヒアルロン酸が減少すると真皮は潤いが無くなり、肌表面も弾力やハリが無いたるみ肌へ。


肌を風船に例えると・・・
風船は中に空気を入れることで膨らみ、ゴムは伸びピンと張ります。
(これが、赤ちゃんや子供の肌。 ピチピチ・ハリ肌の状態 ヽ(≧▽≦)ノ")


でも、一度張った風船の中の空気を少しずつ抜いていくと・・・
空気が抜けることで風船は少しずつ萎んでいき、今まで伸びてピンとしていたゴムも縮んでシワが寄り、タルンとしてきます。
(もうお判りのように、この状態が加齢などによって弾力やハリを失った大人の肌状態 (lll′-`lll))


一度縮んだ風船は再び空気を中に入れてあげれば、ゴムがピント張った状態・元の状態に戻りますよね?


人の肌も風船と同じこと!!!!
ヒアルロン酸が減少して弾力がなくなってしまった肌に、ヒアルロン酸を増やしてあげれば、赤ちゃんのような弾力ある肌に!!!!


なーんだ、肌の弾力・ハリを戻すのは簡単なことジャン Σd(oゝω・o)イェイ☆
と思った方『甘ーーーーい!!!!』 (lllo>皿<)oぇ~


原理は風船と一緒でも 増やし方が・・・
風船の時のように簡単にとは行きません マジ(。>ω<。)デェェェ??


ヒアルロン酸は美容成分としても名の知れた成分なので、化粧水から・乳液・美容液と幅広い商品に含まれて販売されています。
ですが、ヒアルロン酸は1つ1つの分子が大きく肌に吸収されにくいという性質を持つもの。
ヒアルロン酸 配合と記載してある化粧品を使えば、何でも効果が期待できるというものではありません。 (。´・_・`)。oO(ぇっ・・・そうなの・・・)


そこで、少しでも多くのヒアルロン酸が吸収できるようにと改善されたのが「低分子ヒアルロン酸」
低分子ヒアルロン酸は、通常のヒアルロン酸の大きさより小さいため肌への吸収もよく効果的。


そんな、低分子ヒアルロン酸にも欠点があり・・・
分子の大きさが小さい分、肌に吸収しても直ぐに分解されやすく
どんなに頑張っても、赤ちゃんの頃のような量にまで補えないよう ショボ――(。´・_・`。)――ン


ホント、失ったものを取り戻すってことは難しいんですね
でも、何もやらないよりは、やるべき!!!!


弾力・ハリのある肌を取り戻すには、低分子ヒアルロン酸が配合されたアンチエイジング化粧品を継続的にしっかりと使って頑張っていきましょうね。




>>エイジングケア化粧品のソムリエ TOPページへ戻る

アンチエイジングの基礎知識

 

年代別エイジングケア

 

悩み別エイジングケア

 

アンチエイジングコラム