悩み別エイジングケア

いちご鼻を治したい!!

冬から春にかけて美味しい果物といえば『い・ち・ご』ですよねぇ。
イチゴは、子供から大人まで誰からも愛される果物。
ケーキを買いに行っても、
ついついイチゴが上に乗ったショートケーキを選んでしまうってことありませんか?
(私だけ?? (*ノω・*)テヘ)


そんな人気の高い誰からも愛される果物 イチゴですが、
肌に例えると、『いちご鼻』という言葉があり、
『いちご鼻』という言葉は、果物のいちごとは真逆。(о・。・о)ホホゥ...
人気が高いところか、男女問わず小鼻の悩みとして 皆の嫌われ者になっているようですよ。


イチゴは、真っ赤な表面に小さな種が沢山ついていますよね?
いちご鼻とは、そんな苺の表面に似た鼻のことで、
毛穴に皮脂や汚れが溜まり、黒ずむことで種のように目立って見える鼻のことを
『いちご鼻』と呼んでいるよう。


いちご鼻になり毛穴が目立ってしまう原因・状態は、
・角栓が詰まり酸化して黒ずんだ状態
・毛穴が酸化により老化した状態
・毛穴周辺の角質が色素沈着している状態


などがあり、いちご鼻になる原因・状態だけ見ると
乾燥肌の人より脂症の人の方が いちご鼻にはなりやすいのかなー σ(o´・Å・`o)??
っと感じますが、それがそうでもないよう。


個人差もありますが、一般的にもTゾーンは誰でも皮脂の分泌が多い場所。
特に、女性は毛穴から排出される皮脂以外に、
化粧をすることで肌(毛穴)を塞ぎ、ファンデーションなどメイクの汚れを毛穴に残しがち。
脂症の人じゃなくても、皮脂やメイクの汚れを残してしまうことで『いちご鼻』になってしまいます。
    lllll(*´=Å=`*;)llllll ズーン  lllll(*´=Å=`*;)llllll ズーン   


そんな『いちご鼻』なんとかしたいですよね
ですが・・・ いちご鼻は一度なると治すのが難しいようです。


鼻の毛穴は一度開いてしまうとなかなか閉じず、
皮脂やメイクの汚れをどんなにキレイに洗顔しても、洗顔直後は一時的に綺麗になりますが
また直ぐに開いた毛穴には汚れが溜まり、
毎回100%汚れを落とすことも出来ないので 汚れは少しずつ残ってしまうことに。
そんな事を繰り返すことで、汚れは毛穴の奥の方へ・・・  (。ノω<。)ァチャ-


ここまでくると、どんなに丁寧に洗顔をしても毛穴の奥で酸化してしまった汚れには届かず、
効果はほぼ0(ゼロ) ヽ(・、 .)ノ))コケッ


効果がでないからと、より必死に洗顔!! 
なんてことをし始め日には、逆効果どころの騒ぎでは無くなります。


じゃあ いちご鼻から脱出する方法は???  
ですが・・・   一番の方法は、やっぱり洗顔のよう!
洗顔と言っても、ただ時間を掛けて丁寧にすれば良いというのではなく
しっかりと「いちご鼻」を脱出するための洗顔手順を追ってすることが必要のようですよ。
『いちご鼻』を卒業するための洗顔方法は・・・


1.毛穴をしっかり開く
 (毛穴を開かせるには、湯船につかり体をしっかり温める 
  もしくは、レンジで温めた蒸しタオルを鼻にしばらく当てる)


2.決めの細かい泡・メレンゲのような泡で優しく洗顔
  (スクラブ入りや洗顔用のハケを使うと良いと言われていた時期も有りましたが、
   コレは毛穴の汚れを取り除くだけでなく肌表面を傷つけてしまうこともあるので
   今はあまりオススメされていません。)


!!!!ここが最も重要!!!!
3.開いた毛穴を閉じる・引き締める
  (冷蔵庫で化粧水を冷やした冷たい化粧水を使う
   冷水に顔をつける
   化粧水をした後に、アイスノンなどケーキ購入などでもらえる保冷剤で鼻を冷やす)


4.しっっかりと保湿・美容液を肌に与える
  (毛穴をふっくら肌を明るい色にしてくれるアンチエイジング成分「セラミド」
   配合のものを使うと より効果が期待できるよう)


この手順で毎日 小鼻ケアをしていけば徐々にいちご鼻は解消へ!!!!


いちご鼻は一度なってしまうと、気長にエイジングケアする必要があり大変 ( ノω-、)クスン
ですが、何もしないよりは一日でも早く取り組むべき!!
今日から あなたもいちご鼻を卒業出来るよう頑張ってみませんか?




>>エイジングケア化粧品のソムリエ TOPページへ戻る

アンチエイジングの基礎知識

 

年代別エイジングケア

 

悩み別エイジングケア

 

アンチエイジングコラム