悩み別エイジングケア

ほうれい線って一度できたら消せないの??

「シワの数は人生経験の数」「人生の勲章」
なんてカッコイイ言葉で表現されることもある顔のシワ。
でも、シワはシワ!!
アンチエイジングをする上で、最強の敵とも言っても過言じゃないですよね (((uдu*)ゥンゥン


特に、鼻から口角に掛けてできる「ほうれい線」に至っては、
シワがあるのと無いのとでは、見た目年齢が大きく違うようで、
ほうれい線があると、時には実年齢より+5歳は軽く老けて見られることもあるほどのクセ者。
(実年齢以上に老けて見られるの・・・女性なら特に嫌なことですよねー)


そんな老けて見られてしまう事が多いほうれい線。
出来てしまったものを、消す・無くすことは出来ないのでしょうか?
また、出来ないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?


ほうれい線には、2種類のタイプが有ります。
1つは、シワのように見える「線タイプ」
2つめは、肌が凹んで出来る「くぼみタイプ」


線タイプのほうれい線は、まだ初期の状態。
自身が気をつけてエイジングケアに取り組めば、まだまだ改善の希望があります ぃぇ~ぃ!v(・ε・v)


くぼみタイプのほうれい線は、しっかり肌にシワが刻み込まれてしまっているので、
エイジングケアをどんなに頑張っても改善は難しいかも・・・ (lll′-`lll)ガァーン...


くぼみタイプのほうれい線だったら・・・どうしよう ・・・(・∀・i)タラー・・・
と思った方、自分のほうれい線がどちらのタイプか見分ける方法は、いたって簡単。


お風呂などある程度湿気のある場所で、自分の顔を鏡で見てみてください。
どうです??


普段より、ほうれい線が薄く見えれば「線タイプ」のほうれい線
あまり変わらないな・・・という方は申し訳ありませんが「くぼみタイプ」のほうれい線
自分でのエイジングケアは勿論のこと。それ以上にエステなどに通わないと改善は厳しいかも(ノω<;)


そんな一度出来てしまうと、自身のケアだけでは消すことが難しくなるほうれい線。
ほうれい線が出来る原因は??


・歳を重ねるごとに顔の筋肉が衰え垂れ下がってくる(肌のたるみ)によって出来る場合
・乾燥・紫外線などによって肌の弾力が失われることで、ほうれい線が出来るといった場合


そして以外に知られていないのが、
・目の疲れ・肩、首の凝りによって出来る場合


顔の筋肉の衰えによりほうれい線が目立つようになる場合は、
表情筋を鍛えるエクササイズなどを毎日取り組むことで、ほうれい線の予防・改善に!


目の疲れや首の凝りと言った症状から出来る場合も、
凝ったら直ぐほぐす!! をすることで、ほうれい線の予防だけでなく改善にも繋がるよう。


なーんだ。ほうれい線は気をつけていれば簡単に予防・改善できる♪♪
っと思った方・・・大間違いですよ!!!!


ほうれい線が出来る原因の中で一番気をつけ・注意し、手入れをして行かなくてはいけないのが、
乾燥・紫外線などによってほうれい線が出来る場合。
コレは一般的に肌老化とも言われるもの。
どんなに気をつけていても、誰でも必ず年齢とともに起こることですね ((o(>皿<)o))イヤだ----


出来てしまったほうれい線・ほうれい線の予防には「コラーゲン」と「ビタミンC」
2つの成分が効果的。


コラーゲンには、肌のハリや弾力を保つチカラがあり
ビタミンCには、コラーゲンの生成を補助し 肌のハリやたるみを予防するチカラがあります。


肌老化は、防ぎたくても防ぎようがない人なら誰でも起こる自然の流れ。
でもだからといって、諦めてしまっては見た目年齢が実年齢より+5歳なんてことに (○゚д゚)ャバィカモ・・・
諦めず少しでも若く見られるためにも、コラーゲンやビタミンC配合のアンチエイジング化粧品を積極的に使って、クセ者ほうれい線をやっつけちゃいましょう。




>>エイジングケア化粧品のソムリエ TOPページへ戻る

アンチエイジングの基礎知識

 

年代別エイジングケア

 

悩み別エイジングケア

 

アンチエイジングコラム