アンチエイジングコラム

若さを保つため!!顔の体操でアンチエイジング

年齢とともに気になりだす・気になりだした箇所って何処ですか??
目元の小じわ? 頬のたるみ? ほうれい線?
30歳を過ぎた当たりから、どんなに頑張ってケアしていても徐々に目立ち始めてしまいますよね・・・
自然現象でもある「肌老化」ホント (*´-Д-)ハァ=3 イヤですよね


みなさん若さを保つために何をしていますか σ(o´・Å・`o)??
高い化粧品やエステに通ってみたり、美顔器を買って・・・っと
エイジングケアにたくさんのお金をつぎ込んでいませんか??


化粧品やエステ・美顔器などもちろん高額なもの・事ということもあり
それなりに効果は得られる結果にはなっているとは思いますが・・・
正直、継続していくには・・・色々とやりくりが大変ですよね


ということでここでは、お金なんてかからない♪♪ タダで出来るアンチエイジング
顔の体操を見て行きたいと思います。


まずは、30歳を過ぎて最初に気になりだす方が多い 「目元の小じわ」の体操
1.指でじゃんけんのチョキを作る
2.作ったチョキの指を閉じた状態で、目尻の上に当てる
3.ゆっくりとチョキの指を開いていく


もう1つ「目元の小じわ」 目元の筋肉を動かす体操
1.目を優しくすぼめる (眩しい光を見た時のことを想像して)
2.すぼめた状態で、約3秒キープ
3.目をゆっくり開ける


続いて、年々下がってきてしまう「頬のたるみ」の体操
1.「あ---」と言いながら口を大きく開ける
2.「い---」と言いながら口を横に大きく伸ばす
3.「う---」と言いながら口を前に突き出す


頬のたるみは、表情筋が衰えることが一番の原因。
「あ・い・う」体操を、1日5回x3セット 表情筋を意識して行うと良いよう


最後に、老け顔に見られやすくなってしまう「ほうれい線」の体操
1.口いっぱいに空気を入れる(フグが怒った時のような状態で 1分キープ)
2.「い」と発音するときのように口角を横におもいっきり開く
3.「う」と発音するときのように唇を前に突き出す


ほうれい線の体操は、頬のたるみの体操と同じで、一度でどちらにも効果が期待できます。


この体操だけ行っていれば大丈夫ということではありませんが、
お金もかからずエイジングケア出来る方法
試してみる価値は充分にあると思います。


ただ・・・
顔の体操はどれも、行っている時の顔の表情が傍から見ると面白い顔になってしまうので、
真剣に体操をするのであれば、誰もいない鏡の前で行ったほうが良いみたいですよ★★




>>エイジングケア化粧品のソムリエ TOPページへ戻る

アンチエイジングの基礎知識

 

年代別エイジングケア

 

悩み別エイジングケア

 

アンチエイジングコラム