アンチエイジングコラム

芸能人も実践中!!目元の小じわ・ほうれい線を作らない笑い方って??

笑顔の多い女性は、誰からも好かれやすく若々しい印象を持たれやすいもの。
常に笑顔の女性って素敵ですよね v(★´v`★)v


でも、そんな素敵な女性にしてくれる笑顔が、シワを作ってしまう原因になっているって・・・
知っていました? Σヾ(・Д・´●)ノわぉ!!


シワはそもそも、肌が乾燥し潤いが無くなることでできるもの。
ですが、乾燥し潤いが少なくなってきた肌も、動きによって出来る肌のヨレなどがなければ、折り目(シワ)はあまり出来ず、ただ乾燥した水分のない肌なだけ。


特に口元や目元のシワは、別名「表情しわ」と呼ばれることがあるくらい顔の動きによって作られ、深く刻まれるようになっていくよう。   Σ(oーДー)ノノ


楽しい・うれしい時に出る表情(笑顔)でシワが出来るなんて・・・
例え今まで楽しく笑っていても、なんだか悲しくなってきてしまいますよね。 ビエエェェ。゚(。ノωヽ。)゚。ェェエエン!!!


でも、大丈夫!!!!
笑顔で出来る「表情じわ」は、シワにならない笑い方さえ習得すれば防げるものなんですよ(*≧∀≦)


では、まず 
何か楽しかった時のことを思い出して 自分の普段の笑い方をおもいっきりしてみてください。
どうです?? 
多分 多くの方は「わはは」「あはは」と、口を大きく開けて「あ」を発音する時の笑顔
もしくは「いひひ」と「い」を発音するときのように口角を挙げで笑う笑顔にになっていませんか?


口を大きく開けて笑う表情、「あ」を発音するときの笑顔は
見ている人に元気を与えやすく好感は持てますが、シワを作らないという点ではダメ ダメョン(乂´∀`)
やってはいけない笑顔の1つ (lll′-`lll)ガァーン...


口を大きく開けて笑うということは、口元や頬の皮膚を外側に押している状態。
鏡で確認してみるとわかりやすいのですが、
この笑い方だと 口元にシワが出来やすく、ほうれい線をくっきり作ってしまうことも ヽ(゚∀゚;)


次に、「あ」のように口は大きく開かず、口角を上げることで笑う「い」を発音する時の笑顔は
カメラで写真を撮る時や挨拶などをするときなどに良くする 別名「作り笑顔」ですが、
「い」の発音になる笑顔も、やってはいけないシワになりやすい笑顔の1つ (´・ω・`)ショボーン


「い」を発音する笑顔は、口角に力が入りやすく 「い」と発音する笑顔を作ると自然に 口角・頬の皮膚は上に持ちあがります。
ただ頬の皮膚が持ち上がるだけならシワは出来ませんが、頬の上には目があります。


目は、眼球や瞼を上げることで大きさを変えることは出来ても、位置は変えられないもの。
そんな逃げることが出来ない目に頬の皮膚が上がってきたら 当然目元にはシワが寄りますよね・・・ ((-ω-。)(。-ω-))
それが目元のシワの原因。


笑顔って・・・難しいですね・・・


「あ」も「い」もシワになるダメな笑い方だとすると、シワにならない良い笑い方は・・・
「う」「え」「お」??


「う」は発音してみたら直ぐわかりますが、口を前に突き出す形になるの笑顔としては・・・
どうなんでしょう (o・ω・o)?ホェ?


「え」の口の開き方は、「い」同様口が横に広がり笑顔として認識されやすい形。
そして「え」の発音時は、少し口角や頬の皮膚が持ち上がるものの「い」の時ほどではなく
目元にシワを寄せることもありません。
これは写真の時などの「作り笑顔」に良いよう  ヾ(*^v^)


「お」を発音するときの口は「あ」同様 大きく開けるものの、「あ」よりは口はすぼみ皮膚の動きも余りありません。
よく上品な笑い方として「おっホホホ」という表現があると思いますが、まさにその笑い方。
上品な笑い方は、シワを作らない笑顔だったんですね。


シワにならない笑い方は「え」「お」の口で笑うことが良いようですね。
笑顔が商売の武器?でもある芸能人の皆さんも
日々シワにならない笑い方「え」「お」の口の笑顔に気をつけているようですよ。
これから笑顔の芸能人を見るときは口元をチェクですね (^・ェ・)ジー...


でも シワにならない笑い方について色々書いてきましたが、文字だと簡単に言えます。
でも実際は、感情で笑顔は出るもの
シワにならないように・・・ということばかり考えていては笑うことが怖くなり笑顔が減ってしまった
とらないように、あまり考えすぎず気楽に考えてみてくださいね。




>>エイジングケア化粧品のソムリエ TOPページへ戻る

アンチエイジングの基礎知識

 

年代別エイジングケア

 

悩み別エイジングケア

 

アンチエイジングコラム