アンチエイジングコラム

手作り化粧水でアンチエイジングに挑戦

手作りで化粧水が作れるって知っていましたか??


通常販売されている化粧品にはすべて、
界面活性剤や防腐剤といった 化学物質が多少なりとも含まれています (lllo>皿<)oぇ~


これら化学物質は、一度に沢山つけてしまうと肌へ悪影響が出ることがありますが、
みんな 大体一回に使う化粧水の量は どうです?
多くても手のひらに500円玉強の量じゃないですか?


肌に悪影響を起こす化学物質が含まれている化粧水を使っても 問題なく使えるのは
一回に使う量が少ないため。
ですが、化粧水って一日に少なくても2回は使いませんか?
こまめに洗顔している人ならそれ以上
しかも、基本 休むこと無く毎日・・・ (っ≧ω≦)


一度に沢山の量を付けなくても、毎日 顔には化学物質が塗られ・・・
知らず知らずのうちに蓄積 l||li(・´ω`・。)il||li されていくことで、
あれ!? 肌に異変??を感じる人も少なくないようですよ。 (´・ω・`)ショボーン


そんなことから、安心・安全・無添加の化粧水を自分で作る人が増えてきているよう。


自分で作る化粧水の作り方は・・・以外にも簡単☆★☆


〈材料〉
・100均などで販売されている 空の化粧ボトル(小さめの)
・グリセリン                            5ml  
・精製水(ミネラルウォーター)                 40-50ml
・好みでエッセンシャルオイル(香りづけ)          1滴


〈作り方〉
1.空の化粧ボトルを熱湯消毒し清潔に
2.キレイにした化粧ボトルに、グリセリン・エッセンシャルオイル(好みで)・精製水を入れる
3.よく混ぜる・・・完成!!!


すっごく簡単ですよね。


グリセリンや精製水は、薬局やハンズといった雑貨を扱うお店でも販売されており
簡単に購入することが出来ます。
(注: グリセリンは植物系と石油系の2種類があるので、植物系のグリセリンを選んでください。)
(注: 手作り化粧水は、無添加なので日持ちがしません。
    作った後は長くても1週間ほどで使い切り、作りおきはタブーです)


手作り化粧水は、季節や肌調子によってヒアルロン酸や尿素を入れて化粧水を作ることで、
自分だけの・自分の肌にあったオリジナル化粧水も出来ます。


まだ、オリジナル化粧水
作ってみたことがない方は、試しに作ってみてくださいね。
でも・・・もし肌に合わないかも・・・
っという方は無理に使わないようにしてください。


そして、手作り化粧品は無添加ということも有り日持ちがあまりしないよう。
使わない時は冷蔵庫で保管し、作ってから長くても一週間以内には使いきって下さいね♪♪




>>エイジングケア化粧品のソムリエ TOPページへ戻る

アンチエイジングの基礎知識

 

年代別エイジングケア

 

悩み別エイジングケア

 

アンチエイジングコラム